スポンサードリンク

2009年03月14日

携帯ソーラー充電器豆知識

携帯ソーラー充電器マメ知識

こんにちは。携帯ソーラー充電器くんです。

現在、携帯電話器の充電器に使われている電池は、ソーラー電池です。
携帯充電器に使われるソーラーは、電圧が平均3.6〜3.7Vというように
たとえば同じようなニッカドやニッケル水素電池などに比べ
約3倍の電圧があり、軽くて大きな電力を持っていることが特徴です。

携帯充電器のソーラーは、現在、携帯電話、ノートパソコン、ビデオカメラ、
デジタルカメラなどに使われていて、もはや携帯充電器を代表とするモバイル機器に
なくてはならない電池なのです。

6、7年ほど前までの携帯電話器は、ソーラーではなく、
ニッケル水素という電池が携帯電話器の一部のモデルで使われていたみたいなのだが、
以前、携帯電話器に使われていたニッケル水素電池では、いわゆる「携帯電話器の継ぎ足し充電を繰り返すと電池自体の容量が減ってしまう現象が起こっていました。

これを「メモリー効果」というようだ。

しかし、ニッカドやニッケル水素電池と違い、携帯充電器で今主流のソーラーは、
使いたいときに使い、充電したいときに充電するという、
いわゆる「継ぎ足し充電」が可能なのが大きな特徴だ。

だから、携帯電話器でよくある話で、「使い切ってから充電しないと電池のためによくない」と
言う人がいますが、この話は実は、ソーラーにはあてはまらないのだ。

posted by 携帯ソーラー充電器くん at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。